エッセイ教室

エッセイ教室は、現役で活躍中の作家、朴慶南氏が、エッセイの書き方を実践指導!日常の中の経験を、どうやったら面白く表現できるのかを学びます。 プロを目指す方、趣味で作りたい方も、楽しくエッセイ創りを学びましょう!

エッセイ教室
  1. >
  2. >
  3. エッセイ教室
  • 授業の内容

    期間
    :6か月(月1回、計6回)

    現役のエッセイストが、様々なカリキュラムを行います!
    詳細は、お申し込みいただいた方に、決定次第、ご案内いたします。

  • 授業の料金

    入会金
    :なし
    6か月
    :30,000円+税
  • 授業のこと

    授業は、講師による講議のほかに、授業内で与えられた課題をその授業内で発表します。宿題もあります。与えられたテーマでエッセイを書き、次の授業で発表します。

  • クラス日程

    日程
    :毎月 第2金曜日
    時間
    :19:00~21:00
    期間
    :2018年10月~2019年3月

    ★スケジュールはこちら
    日程が変更になる場合は、メールにてお知らせします。

  • 定員

    若干名
    ※大人向けの講座です。
    ※受講をお考えの方は申し込みフォームからご連絡ください。

講師のご紹介

講師は、現役のエッセイ作家。
エッセイ制作について、たくさんの事を学べます!

  • 作家・朴慶南(パク・キョンナム)

    朴慶南(パク・キョンナム)

    鳥取県米子市生まれ。1972年、立命館大学文学部史学科卒業。
    大学卒業後、構成作家などを経て本格的な作家活動を開始。 1992年、第10回青丘文化奨励賞を受賞した。

≪主な作品≫

『あなたが希望です』2015年 新日本出版社
『やさしさという強さ』2013年 毎日新聞社
『私たちは幸せになるために生まれてきた』2011年 毎日新聞社
『私以上でもなく、私以下でもない私』2003年、岩波書店
『続・生きること学ぶこと ゲスト講和集』清水寛編著 2002年、創風社
『なんとかなるよ、大丈夫』1998年 小学館
『命さえ忘れなきゃ(シリーズ生きる)』1997年、岩波書店
『私の好きな松本さん』1995年、三五館
『いつか会える』1995年 毎日新聞社
『ポッカリ月が出ましたら』1992年、三五館

◆ エッセイ教室 開講のごあいさつ ◆

一人ひとりのだれもが世界にたったひとつの自分だけの物語(体験)をもっています。 目の前に広がる世界や折々に感じる心、さまざまに巡る思いも、だれとも比べられない自分自身から生まれるものです。

それを言葉で表し、文章にして描くのがエッセイなのでしょう。

たくさんの言葉の中から、いちばん合ったものをどう選んだらいいのか、どうすればより伝わる文章になるのかを ご一緒に考え、私がお手伝いできたらと思います。

何よりも「これで良し!」とご自身が納得するエッセイが完成したときに、ともに喜びと達成感を 分かち合いたいです。

大事にしたいことは、形やテクニックが上手くなることではなく、エッセイを書くことで 自分自身をよりいそう深く豊かにすることに尽きます。

まだ、私も、その途上にいますが、新たなこの出会いを楽しみにしていますね。

パク・キョンナム

  • 見学受付中

  • 見学のご案内

    ゆうゆう絵本講座では見学は随時受け付けております。
    原則第2週と第4週の金曜日と土曜日に絵本講座を開催しておりますので、
    ぜひ一度おいで下さい。講座の雰囲気も伝わるかと思います。

    ※ご希望の方はお申し込みフォームより見学の申し込みをお願いいたします。

    申し込みフォームはこちら

スケジュール

基本はカレンダー通りのスケジュールです。
※各クラス、月ごとに時間帯が異なる場合があります。変更の場合は事前にメールいたします。

アクセス

〒153-0053 東京都目黒区五本木2?11?3
私道を入っていった右側の白い建物1Fです!

  • 道1

    ① 祐天寺駅を出て右に進みます

  • 道2

    ② 右に東急ストア、左にセブンイレブンの道を突き当たりまで直進

  • 道3

    ③ 突き当たりを左に曲がり

  • 道4

    ④ 茶色と白い建物の間の細い道を進みます

  • 道5

    ⑤ この細い道を少し歩くと右手に白い建物が見えてきます

  • 道6

    ⑥ ゆうゆう絵本講座に到着!

googleMapで見る

お申し込み・お問い合わせ

受講のお申し込み・お問い合わせは下記より受付けております。

お申し込み・お問い合わせはこちら