ホーム > あらしのよるに > コメントや感想

あらしのよるにコメントや感想

各界のいろんな方々が、『あらしのよるに』を読んだり観たりした感想を寄せてくださっています。
皆さま、あたたかいお言葉、ありがとうございます!
あらしのよるに

  • あらしのよるにトップページ
  • あらしのよるにコメントや感想
  • あらしのよるに映画について

草間 満代さん(キャスター) ガブとメイのつむぐ物語は、人間世界の住人に、大切のコトを気づかせてくれる。誰かを想う気持ちが、どれほど尊いかを。そして、自分の心をやがて暖めることを。
有元 葉子さん(料理研究家) 6冊一気によんだ。息を詰めて。挿し絵はそれからゆっくりと味わった。愛は理性そのもの、なんですよね。
立川 志の輔さん(落語家) おもしろいものは、おもしろい。かんじるものは、かんじる。子どもも大人も、おなじです。
柳田 邦男さん(作家) こころが洗われるようなことを求めている、いまのおとなたちのこころの深いところに響く、大河小説のような絵本です。
増井 光子さん(横浜市よこはま動物園 園長) 人も含めて敵対するもの同志の友情は、悲劇的な結末を迎えることが多いようです。しかし問題解決への努力は決して無駄ではありません。
毛利 子来さん(小児科医) 友だちがいなくて寂しがっている子どもが多い。そんな子たちに、この本は友だちを得る秘訣をスリル満点に教えてくれている。

検索条件

作品名を入力

すべての作品はこちら