ゆうゆう絵本通信講座 本コース

2007年から始まったゆうゆう絵本講座。多くの受講生、絵本作家を送り出してきました。
遠くて通えない方、仕事や育児の都合で通えない方からのご要望を受けて通信講座を始めました。

  1. >
  2. 絵本作り通信講座

第一回 ゆうゆう絵本大賞のお知らせ

テキスト内容

意外と知らない絵本を作る時の約束事など絵本の基本から
お話を作る時の発想の仕方、 原画完成までをテキストにまとめました。

基本テキスト

  • ・絵本の基本
  • ・プロットから原画完成まで
  • ・発想について
  • ・構成について
  • ・文章について
  • ・キャラクターについて
  • ・読者について
  • ・タイトルについて
  • ・表紙について
  • ・書き出しについて
  • ・絵本の種類について
  • ・レイアウトについて
  • ・製本の仕方について

絵本の絵のクラスこの一冊で絵本づくりが学べます

絵本の制作資料

絵本作家はどのように絵本を作っているのか?講座の講師であるきむらゆういち、宮本えつよしの制作途中のアイディアメモや絵コンテ、 ラフなどの普段は見せる事のない絵本の秘密のコピーをお送りします。 その他きむらゆういちが組んだ他作家の絵本のラフもお送りします。(例:田島征三・宮西達也他)

  • ・きむらゆういちプロット・絵コンテ(2種)
  • ・宮本えつよし絵コンテ
  • ・きむらゆういちラフ
  • ・田島征三さんラフと完成比較
  • ・宮西達也さんラフと完成比較
  • ・キャラクターについて
  • ・きむらゆういちレイアウト
  • ・篠崎三朗さんレイアウト
  • ・絵本講座生の完成原画(3種)

絵本の制作資料絵本の制作資料

お試し画材

絵本で使う画材としては次のようなものがあるでしょう絵の具(水彩・アクリル)、クレヨン、鉛筆、色鉛筆、マーカー、パステル、パソコン etc. 中でもよく使われており、文房具屋さんでは手に入りにくいものをお送りいたします。 使った事のない画材は、お試しセットで一度試してみてください。

  • ・アクリル絵の具
  • ・パステル
  • ・筆とパレット
  • ・紙見本(5種)
  • ・マスキングテープ

DVDのご紹介

  • 画材技法DVD

    絵本作家の画材の使い方

    いろいろな種類の画材がありますが、絵本作家はどのように描いているのでしょう。 画材の使い方を説明しながらどのように描いているのかがわかります。 どの画材が自分に向いているのかお試し画材を使って実際に書いてみましょう。

  • 絵本作家DVD

    絵本作家ってどんな人?

    絵本作家になって良かった事は? 絵本作家になりたいと思ったのは?どうやってなったの? 現役絵本作家が語る制作秘話や絵本作家になるまでのエピソードを1提出物ごとに1枚、課題返送時にお届けします。

    新しい絵本作家紹介はこちら

※お送りしたDVDや作家のラフなどは特別に許可を得てお送りしているものです。
他者に見せる行為やWEBへの掲載などはおやめください。

受講について

スケジュール

  • 教室からの送付物

    1. 1 テキスト1・絵本の制作資料・課題用紙・通信欄・講師紹介DVD
    2. 2課題テーマ絵コンテ添削1・作家DVD
    3. 3課題テーマ絵コンテ添削2・作家DVD
    4. 4課題テーマ絵コンテ添削3・作家DVD
    5. 5自由テーマ絵コンテ添削1・作家DVD
    6. 6自由テーマ絵コンテ添削2・作家DVD
    7. 7テキスト2・お試し画材・画材技法DVD 自由テーマ絵コンテ添削3・作家DVD
    8. 8ラフ添削1・作家DVD
    9. 9ラフ添削2・作家DVD
    10. 10下絵添削1・作家DVD
    11. 11下絵添削2・作家DVD
    12. 12色塗り添削・作家DVD
  • 提出物

    1. 1課題テーマ絵コンテ1
    2. 2課題テーマ絵コンテ2
    3. 3課題テーマ絵コンテ3
    4. 4自由テーマ絵コンテ1
    5. 5自由テーマ絵コンテ2
    6. 6自由テーマ絵コンテ3
    7. 7ラフ1
    8. 8ラフ2
    9. 9下絵1
    10. 10下絵2
    11. 11色塗り
    12. 12完成原画

※作家DVDは課題をご提出頂いた方にのみ、返送時に1枚おつけいたします。
(全ての課題をご提出頂いた方は、課題提出特典・作家インタビューDVDなどが12枚となります。)

初回教材は10日頃にお手元に届くよう発送いたします。
テーマにそった課題を月末までにご提出ください。
(課題テーマ及び自由テーマ)お送り頂いた作品を添削し、翌月10日頃ご返送いたします。 (お住まいの地域によって到着日が前後することがございます。)

本コースを修了後も、継続コース(6か月毎に延長)をご用意いたしております。
引き続き、課題の添削を受けていただくことが可能です。

スクーリング

年に2回(8月と1月)スクーリングを、ゆうゆう絵本講座事務局(目黒区祐天寺)付近にて行います。
講師や添削者より、直接指導を受けることができます。終了後は、懇親会もございます。
スクーリング参加費は無料です。

スクーリング

添削について

添削はきむら、宮本はもちろんのこと、優秀な人材の協力を得て行なっています。
(添削者の選択はできません)

  • きむら ゆういち

    きむら ゆういち

    東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞。

  • 宮本えつよし

    宮本えつよし

    グラフィックデザイナーを経てイラストレーターおよび絵本作家となる。講談社キャラクター賞、産経新聞広告賞など授賞。主な作品に『キャべたまたんてい』シリーズ(金の星社)

中澤由梨子

〈世界文化社ワンダー事業本部所属、絵本プランナー、JPIC読書アドバイザー〉34年間、世界文化社ワンダー編集部で、月刊絵本や児童書の編集に携わる。編集部を定年退職後、現職。 「ワンダーブック」「ワンダーランド」「ワンダーえほん」「おはなしワンダー」「ワンダー名作館」「ワンダー民話館」「ワンダーはじめてであう名作絵本」「ぷちワンダー」など総合絵本とおはなし絵本の編集1000冊以上に関わる。

【市販単行本】

布の絵本『ふんわりあかちゃん』(絵・マンデー・スタンレー)、『ふんわりくまちゃん』(絵・わらべきみか)、 リボンのしかけ絵本『にじをつくったのだあれ』(作・ベティ・アン・シュワルツ 絵・ドナ・ターナー 文・鈴木ユリイカ)、 『2さいのおはなし』『3さいのおはなし』『4さいのおはなし』など年齢別おはなしシリーズ、 『じゃがいもじゃがじゃがさつまいも』『おしょうがつさんどんどこどん』(作絵・長野ヒデ子) 『たなばたセブン』(作・もとしたいづみ 絵・ふくだいわお)など「ワンダーおはなし絵本」シリーズ、 『とーんだとんだ』(作・こすぎさなえ 絵・コダイラヒロミ)『まねっこにゃーにゃー』(作絵・かしわらあきお)など「ぷちワンダーえほん」シリーズ、 児童書『こども歴史新聞』『こども歴史人物新聞』『こども科学わくわく新聞』など「こども新聞シリーズ」
ほか多数。

【きむらゆういち先生と宮本えつよし先生とのお仕事】

「ワンダーえほん」のしかけ生活ページ25年以上連載。
「おはなしワンダー」「ワンダーブック」でのお話執筆多数。
市販に『おうちピクニック』(絵・とりごえまり)
『こっそりオムライス』『おともだちカレー』(絵・江川智穂)
『おにぎりぎゅっぎゅっ』(絵・西内としお)、
『きむらゆういちのだんだんしかけえほん』シリーズ全6冊とぷち版(絵・宮本えつよしほか)
『きむらゆういちのぱたぱたしかけえほん』(絵・宮本えつよしほか)シリーズ、
『きむらゆういちのふしぎふしぎえほん』(絵・冬野いちこ)シリーズ
ほか多数。

こすぎさなえ

絵本の文章作家

幼児向け月刊誌の編集や、子ども向けCD-ROMやテレビ番組のシナリオ演出を経て、2007年に「ゆうゆう絵本講座」を開講と同時に受講(1期生)。 絵本講座卒業後はNHKのプロデューサーをしながら、絵本の文章を書いている。

【文章を書いた主な作品】

「サカサムシちゅういほう」(教育画劇)、
「しろおうさまとくろおうさま」
「5のすきなおひめさま」(PHP研究所)、
「とんとんとんとんひげじいさん」
「とーんだとんだ」(世界文化社)、
オムニバス絵本「てをつなごう」(今人舎・きむらゆういちのゆかいななかまたちの1人として参加)など。

ベネッセのこどもちゃれんじ、世界文化社のワンダーブック、おはなしワンダー、ぷちワンダーなど、幼児向け月刊誌にも多数お話を書いている。
講師のきむらゆういち氏とは、NHKてれび絵本で「あらしのよるに」を制作したときにプロデューサー補を務めていたのが最初の出会い。

木村春子

絵本編集者、ライター

株式会社えほんの杜の設立から携わり
『おひめさまようちえん』(のぶみ)、
『オニじゃないよおにぎりだよ』(シゲタサヤカ)、
『シニガミさん』(宮西達也)、
『こんなことがあっタワー』(丸山誠司)などを手掛ける。

【きむらゆういち先生とのお仕事】

『おもいのたけ』(絵・田島征三)、
『カケルがかける』(絵・ひらのてつお)がある。

東沢亜紀子

子どもの本の編集者

「金の星社勤務を経て、現在はフリーで活動している。
金の星社で編集を手がけたおもな絵本作品に、
『ないた』(中川ひろたか・作 長新太・絵)
『おこる』(中川ひろたか・作 長谷川義史・絵)
『うそ』(中川ひろたか・作 ミロコマチコ・絵)
『ふたりはいつもともだち』(もいちくみこ・作 つちだよしはる・絵)
『ねえだっこして』(竹下文子・文 田中清代・絵)
『おばけめぐり』(瀬川昌男・原作 スズキコージ・絵)
『猫吉一家物語 春夏』『猫吉一家物語 秋冬』(ともに大島妙子・作絵)
『トゲトゲぼうや』(今村葦子・作 西村繁男・絵)
『あなたがとってもかわいい』(宮西達也)
『ぽんぽんポコポコ』(長谷川義史・作絵)
『つみき』(中川ひろたか・ぶん 平田利之・え)など。

フリー後は、
「Baby Kumon よみきかせえほん」(日本公文教育研究会発行)、「すごいぞ! ぼくらのからだ」シリーズ全5巻(保育社)の編集協力のほか、
『当世落語絵本 母恋いくらげ』(柳家喬太郎・原作 大島妙子・文絵 理論社)
『なぞかけどうじょう』(中川ひろたか・作 大島妙子・絵 金の星社)
『いしをつんだおとこ』(あきやまただし・作絵 ハッピーオウル社)
『にちようびの森』(はたこうしろう・作絵 ハッピーオウル社)『おんなのこのえさがし絵本シリーズ おしごとみっけ!』(西東社)などの編集に携わる。

【きむらゆういち先生と宮本えつよし先生とのお仕事】

・きむらゆういち
『あしたのねこ』(エムナマエ・絵)
「こぞうのパウのものがたり」シリーズ全3巻(あべ弘士・絵)
『もしもあのとき』『手をつなげば……』『ねぇ、おぼえてる?』(MAYA MAXX・絵)
「たのしいしかけえほん」シリーズ全5巻(以上すべて金の星社)など。

・宮本えつよし
「キャベたまたんてい」シリーズ(金の星社)がある。

野口満之(のぐち・かずゆき)

元講談社社員

週刊誌・女性誌の編集を経て、児童局に1995年6月より2005年6月まで所属。
文芸局・校閲局を経て定年退社。現在は、講談社を中心に校正・編集業務に携わる。

【編集を手がけたおもな読み物作品】

『ミラクル・ファミリー』(柏葉幸子・作)
『ビート・キッズ』(風野 潮・作)
『アリになったカメラマン』(栗林 慧・著)
など。

【編集を手がけたおもな絵本作品】

『野坂昭如戦争童話集沖縄篇 ウミガメと少年』(野坂昭如・作 黒田征太郎・絵)
『世界中のこどもたちが 103』(平和を作ろう! 絵本作家たちのアクション・著)
など。

【きむらゆういち先生とのお仕事】

「あらしのよるに」シリーズ(あべ弘士・絵)
『きずだらけのリンゴ』(村上豊・絵)
『風切る翼』(黒田征太郎・絵)
がある。

上野与志(植村和久)/うえのよし(うえむらかずひさ)

元チャイルド本社取締役編集部長。

30有余年の編集歴での編集した絵本作品多数。真珠まり子、かさいまり、さいとうしのぶ等の絵本作家デビューをアシスト。 また、編集の傍ら、創作も手がける。
現在は作家専業。(一社)日本児童文芸家協会理事。
きむらゆういちとは、月刊絵本「チャイルドブック・アップルシリーズ」創刊号「ほうら やっぱり きつねさん」(1981年4月号)以来の付き合い。

【執筆した主な絵本作品】

「わんぱくだんのかくれんぼ」
「わんぱくだんのひみつきち」他のわんぱくだんシリーズ20冊(共著)
「あかまるちゃんとくろまるちゃん」
「とんとんとん」
「くんくんくん」
(以上、ひさかたチャイルド)、
「おおきいおうちとちいさいおうち」(岩崎書店)
「でっかいたまごとちっちゃいたまご」(wave出版)
「ふたごのどんぐり」(文研出版)など。

高橋秀雄/たかはしひでお

絵本文章作家。

栃木県生まれ。日本児童文学社協会会員。季節風会員。うつのみや童話の会会員。
『地をはう風のように』(福音館書店)で第58回青少年読書感想文全国コンクール課題図書、
『やぶ坂に吹く風』(小峰書店)で第49回日本児童文学社協会賞受賞。

【文章を書いた主な作品】

『じいちゃんのいる囲炉裏ばた』(小峰書店)
『ぼくの家はゴミ屋敷!?』(新日本出版社)
『父ちゃん』(小峰書店)
『ぼくの友だち』(文研出版)
『やぶ坂からの出発』(小峰書店)
『ひみつのゆびきりげんまん』(文研出版)
『わたしたちうんこ友だち?』(今人舎)
『空にさく戦争の花火』(今人舎)
『釣りに行こう!』(文研出版)など。

大塚健太/おおつかけんた

絵本作家

絵本、紙芝居のおはなしのほか、脚本なども執筆。
第14回ピンポイント絵本コンペ入選。
2013年に「ゆうゆう絵本講座」と出会い受講(11期生)。

ホームページはこちら☆

【文章を書いた主な作品】

「いちにちパンダ」(小学館)
「よるだけパンダ」(小学館)
「はんちゃんぶんちゃん はんぶんこ」(教育画劇)
「はかるのだいすき はかるくん」(教育画劇)
ほか

また、フレーベル館のキンダーメルヘン、キンダーブック、世界文化社のワンダーブック、ワンダーえほん、おはなしワンダー、など、幼児向け月刊誌にもお話を書いている。

くさかみなこ

絵本作家/イラストレーター

ウェブデザイン・開発の仕事を経て、2011年よりゆうゆう絵本講座を受講。
2013年に絵本作家としてデビュー。
絵本のイラストの仕事を中心にお話も書く。

ホームページはこちら☆

【主な作品】

『3にんのおうさま』(作絵/グラフィック社)シリーズ
『はんちゃんぶんちゃんはんぶんこ』(絵/教育画劇)
『はかるのだいすきはかるくん』(絵/教育画劇)
『いちにちパンダ』(絵/小学館)
『よるだけパンダ』(絵/小学館)
『なんのたまごかな?』(絵/東京書店)
『のりものいっぱい』(絵/東京書店)

いずみたかひろ

作家

鹿児島県生まれ。
日本児童文学者協会会員。
日本ペンクラブ会員。

【主な作品】

詩集『耐えることを憶えたとき』(秋津書店)
『さとうきびと闘牛の島で』(新日本出版社)
『カッチン』(小峰書店)
『エジソン』(文研出版)
など

福島清/ふくしまきよし

元ポプラ社編集者、編集長。退社後、そうえん社編集者、社長。

退職後、現在に至る。在籍中は、編集者として、数多くの児童書の編集に携わる。

【携わった主な作品】

『くまくんのあくび』『ぞうさんのうんち』(角野栄子・さく 佐々木洋子・え)
『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』(武田美穂)
『そらくん』・ルラルさんシリーズ(いとうひろし)
『ぴょーん』(松岡達栄)
『あなたがだいすき』(鈴木まもる)
『森のはるなつあきふゆ』(岸田衿子・さく 古田一穂・え)
『ぞうさんのオムレツ』『おめめがさめた』(森山京・さく 福田岩緒・え)
『どきどきとっきゅう』(きむらゆういち・さく 朝日奈すいか・え)

特別ゲスト/後路好章(うしろよしあき)

あかね書房、アリス館の編集長を歴任。

著書に
『絵本から擬音語・擬態語ぷちぷちぽーん』
『だあれだ だれだ?』
『ぱっぴぷっぺぽん』など。

講座概要

【受講期間】1年間


【受講人数】若干名


【資格】特になし。初心者大歓迎です。
    ※プロのイラストレーターや絵本作家として既に活動されている方は、お断りすることがあります。ご了承ください。


【授業料】

一括払い:120,000円+税
分割払い:30,500円+税 (分割手数料500円含む)
一括又は分割にてお支払いください。(分割の場合は銀行自動引落になります。)



継続も可能です
受講終了後、ご希望の方は半額の月5,000円+税で作品添削と作家DVDの送付を継続して受ける事が可能です。
お支払い方法は半年ごとの自動引き落としになります。

募集要項はこちら


お申し込み・お問い合わせ

受講のお申し込み・お問い合わせは下記より受付けております。

お申し込み・お問い合わせはこちら