環境紙芝居
うみがみえたよ

作     きむらゆういち
絵     花之内雅吉
編集    小森紗綾香

出版社   京都中ロータリークラブ
出版日   2006/05/28
本体    0円
ISBN13   -
ISBN10   -

発行者記事へ

紹介文

この紙芝居は、社会奉仕活動団体「京都中ロータリークラブ」の創立15周年記念事業の一環として作られ、京都市内の幼稚園に配布されました。のちに、点字や点図に翻訳され、全国の盲学校や図書館238箇所に贈呈されました。絵を担当したのは、「てれび絵本 あらしのよるに」の絵も担当された、花之内雅吉さんです。

あらすじ

森でいちばん高い木のまわりで、クマくんやキツネさん、ウサギさん、ブタくん、タヌキのタンタが遊んでいました。

そのうちみんなが木を登りはじめました。
いちばん小さいタンタは、初めはためらっていましたが、登ってみるとおもしろいので、どんどん登りました。

みんなは心配してとめるのですが、その声がとどかない高さまで登ってしまい、とうとうてっぺんまで、一人でついてしまったのです。

タンタはそこですばらしい景色を見ましたが、ふと下を見るとその高いこと高いこと、とても怖くてなってしまいます。怖くて降りれなくなってしまったタンタは、目をつむって木にしがみついてしまいます。

さあ、たいへん。
このままタンタは、誰かに助けられなければ、ずうっと木にしがみついたままなのでしょうか?

いいえ、タンタは励まされながら、いろいろなことを思い出しながら、自分で高い木から降りてきます。
タンタを励ました声を、あなたも聞いてみませんか。

検索キーワード : うみがみえたよ、木村裕一、はなのうちまさよし、花内雅之、こもりさやか、紙芝居